AGA治療にかかる期間

  • AGA治療にかかる期間

    • AGA治療を皮膚科や専門のクリニックを受診して行う場合には基本的にはプロペシアという男性ホルモンに関連している薄毛の原因物質の分泌を抑制する薬が処方されるのですが、この薬の効果を実感するためには半年以上の期間が必要になるので、毎月2万円程度かかる場合には最低でも6ヶ月分の12万円が必要となります。

      目黒区の中古マンションのリノベーションの様々な相談を受けることができます。

      AGA治療で処方される薬は半年で効果が見られない場合は中止して他の方法に切り替えるのですが、効果が実感できた場合にはそのまま数年間服用することになります。



      AGA治療の薬は薄毛の進行を止める効果があるのですが、服用を中止してしまうと薄毛の進行がもう一度始まってしまうので、髪の毛がある程度増えるまではAGA治療が完了しません。通常の場合は2年から4年程度の期間を必要であるとされているので、50万円から100万円程度の費用がかかる計算になります。

      ミノキシジルに関してはドラッグストアで手に入れることができるのですが、5千円程度で販売されているので、皮膚科に受診するのと同程度の費用がかかってしまいます。



      プロペシアに関してはジェネリック医薬品が個人輸入で手に入るのですが、偽物が多いとされているので安心して服用することができません。



      AGA治療は半年以上継続しないとヘアサイクルのために効果がわからないので、治療費などを考える場合は半年間で換算しておくと、薄毛治療にどの程度の金額がかかるのかを知ることができます。



      従来より男性型の薄毛に関して、悩みを抱えている人が多くいたと言えます。



      日本では2005年より海外で使用されているAGA治療薬の認可が行われたために、各医療機関においてAGA治療薬の処方による治療が進んでいます。ひと口にAGAと言った場合であっても、M字型の薄毛やO型の薄毛、または複合的な要素によって起こっている薄毛など人によって様々なタイプがあります。タイプに応じて薄毛が進行している原因についても異なってくることが考えられるので、それぞれの種類ごとに適切なAGA治療を行うことが改善のために大切なことになってきます。



      多くの薄毛治療を行っている医療機関では、専門医によるカウンセリングで髪の毛や頭皮の状態をチェックしてもらえますし、希望に応じて遺伝子検査を受けることも可能です。



      M字型の薄毛の場合には、男性ホルモンの影響による薄毛であることが多いために、プロペシアなどの内服薬の処方や、注射によるホルモン療法によって改善できる可能性があります。

      O型の薄毛は、血行が悪いことやストレスを過剰に感じていることが原因と考えられますので、頭皮環境を良くするためのケアを受けられるクリニックや、髪の毛や頭皮に栄養素を与えられる治療が受けられる病院を受診することがおすすめです。

      クリニックによっては、髪の毛の成長因子を直接注入してもらえる施術をしているところもあります。
      O型の薄毛は生活習慣を整えることが改善のために大切なポイントとなることがわかっており、脂っこい食生活を止めて、大豆や海藻、乳製品などを中心として食生活を行うことで育毛環境を良くすることができます。

  • 関連リンク

    • 初期脱毛はAGA治療をしている人であれば避けて通れない体験になります。治療薬の副作用だと感じて、治療を止めてしまう人も多いです。...

    • AGAは、男性ホルモンが関与して健全な髪の毛の生育がさまたげられてしまうことによって起きるとされており、現在ではこうした男性ホルモンのはたらきにアプローチした内服薬のようなものも登場しています。内服タイプの医薬品は、一般の薬局の店頭などでは気軽に購入できるものではありませんが、AGA治療を専門にしているクリニックなどに通院をすれば、医師が症状を判断した上で処方してもらうことが可能です。...